メニュー

マイカーローンを選ぶ際には

マイカーローンを利用しようと考えた際に、まず何を基準にして選ぶでしょうか。手軽さや借り入れ枠、審査基準などと人によって様々ですが、多くの方は金利を最重視してマイカーローンを選んでいます。

 

車の購入は決して安い買い物ではなく、ローンを組んで返済をするとしてもこの先の何年にも渡って支払いを続けていくことになります。金利が1%でも高ければ支払い総額には大きな影響があり、出来るだけ低金利でマイカーローンを利用したいと考えるのは当然なのです。

 

マイカーローンはまずは金利をしっかりと見ておき、その後に様々なサービス面で比較をすると失敗しにくくなるのではないでしょうか。

 

 

マイカーローンの金利を抑える方法

車は、乗る人たちにとって、まるで家族のような存在です。車は、家族にとって、笑顔が集まる場所とも言えます。車は家族とその夢を乗せてどこまでも走ってくれる頼もしい存在です。ですから、車を買う時は、少しでも安い金利のローンを見つけて、家族が少しでも笑顔になれるように考えることが大事なのです。

 

マイカーローンの金利は、少しでも安い方が誰でもうれしいはずです。どこで借りると一番安い金利で借りられるのかを考えることが大切です。どうしてもディーラーがその場ですすめてくるローンに素直に入ってしまうと、後でその金利に驚きます。ですから、ディーラーではマイカーローンを組んではいけません。

 

マイカーローンの安い金利でネット検索したら、今はネットで一括で金利が安い銀行が検索できるようになっています。消費者金融等ではなくて、安い銀行が上位に並んできます。その中で自分が通いやすい銀行があれば、絶対にそこで借りるべきでしょう。

 

いくら安い金利の銀行でも、近くになければ意味がありません。金利が安いローンを探していたら、自分がメインバンクにしていた銀行だったというケースは意外と多いのです。自分が通いやすくて馴染みがある銀行が、実は一番頼りになる存在なのです。

 

まずは金融機関のマイカーローンの中でシミュレーションをしてみると良いので、返済の計画も立てられるマイカーローンシミュレーションサイトを見ておくと賢くローンが組めるようになります。

 

マイカーローンは資金計画が大事

マイカーローンを利用して車を購入されるときは高額なお金を借りるわけですから資金計画が大変重要です。マイカーローンの毎月の返済だけを考えていると後で大変になってしまいます。それは車には何かと維持費が結構かかるからです。

 

車の維持費には自賠責保険や任意保険の保険料、自動車税、自動車重量税、車検代など様々です。車検は最近こそ街の自動車整備工場やガソリンスタンドやカー用品店などで安く通すことが出来ますがそれでも数万円はかかります。

 

後でこれらの支払いがプラスされるとマイカーローンの毎月の返済がきつくなってしまう可能性はあります。もし返済が出来なくなるとせっかく購入した車を手放して残債を整理する羽目になりかねないです。インターネット上で車の維持費をシミュレーションできるサイトがありますので、どのくらいかかるのか気になる方は一度シミュレーションしてみてください。

 

この車の維持費を考えた上で毎月無理のない返済額になるかどうかマイカーローンでも返済シミュレーションを行います。住宅ローンと違って頭金は絶対必要では無いですが、頭金が少なすぎると審査が厳しくなりますので、最低でも車両価格の20%から30%は用意された方が良いです。

 

ただ、頭金は金融機関でローンを組む際には不要となる場合が多く、枠では足りない分を補うといった形になります。いくら借りられるかは審査の結果によって決まるので、車を買うと決める前にまずは仮審査だけ受けておくのも手です。

 

購入を決める前に仮審査ができるマイカーローンの情報はマイカーローンのネット申し込みで書かれているので、手軽に行えるネットでの仮審査を進めてみましょう。